CONTACT

Smile Spirits誕生秘話3

2017年03月03日

 

皆さんこんにちは、Smile Spiritsです。
今日はひな祭りですね。皆さんどんな1日を過ごしますか?
私達はちらし寿司と蛤のお吸物を頂く予定です。

昨日のSmile Spirits誕生秘話2では、スキーで目立ちたい、モテたいと考え始めた高校時代。
そのために行動していた彼が、どのように変化していったか・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 〈センセーショナルだったモーグル〉

「モテたい」「目を引きたい」を考えた結果
始めたのがパークやハーフパイプをスキーで滑るフリースタイルスキーである。 
当時私が行っていたスキー場でスノーボードでそういった滑り方をする人は沢山いたが、
スキーでそういった滑り方をする人たちを見たことが無かった。
案の定スキーでパークやハーフパイプを滑っていると目立つことが出来た。
そんな中、テレビでみたのがフリースタイルスキーのモーグルである。
リレハンメルオリンピックで初めてみた印象が頭の片隅にあったが、
たまたま見たこの日の放送で日本人がW杯で初出場初優勝をしたモーグルは
センセーショナルでとても興奮した!
 
その後16歳でなんとなく始めてみたモーグルで大会に出てみようと思った。
 そこで活躍出来るという根拠のない自信から
当時大学生の大会を開催していた主催者に電話をして
「高校生の私を大学生の大会に出して欲しい」と懇願した。
 そして、主催者の計らいでなんと大学生の大会に出場することが出来たのだ。
意気揚々と大会3日前に乗り込み練習を始めた。

〈あれ!?こんなはずじゃ・・・〉

初めて滑るモーグルコースの難しさに驚いた。
コブを滑っていたらいつの間にかジャンプ台がやってきて飛ぶ。
飛ぶことがやっとで、技を入れる余裕など全く無かった。
そして、あっという間に着地となり、コースをまた滑らなければいけない。
今まで滑ってきたコブと目立つ為に飛んだジャンプを融合させることが
こんなにも難しいのかとビックリして笑いが止まらなかった。
その後何度練習しても上手くいかずにスタートからゴールまで
完走することは一度も無いままスタートに立った。
〈ゾーンに入る〉 

ここで、ふと幼少期の体操の試験を思い出した。
練習で全く出来なかった自分が試験で急に出来てしまった
奇跡的な体験のことである。
それを思い出した自分は滑りきれるのではないかと 確信 してスタートをきった。
スタートから一つ目のジャンプ台まではあっという間だった。
技を入れて、着地後のことだけを考えて滑っていた。
その後2つ目のジャンプ台の近くまでなんとかやってきたが、
スピードにのっていた為、大きくジャンプし何とか着地。
そのままゴールまで滑りきることが出来た!!
あまりの嬉しさに達成感で順位は関係なかった。
当然決勝に残ることは出来なかったが初めて大会に出場してモーグルコースを
初めて滑りきることが出来た体験を今でも鮮明に覚えている。
 
〈三浦カズさんにあこがれてみた夢〉

この年の春、センセーショナルなモーグルの映像をみた時の感情が
頭のどこかにあったのか、突如不思議な夢をみた。

私がオリンピックで優勝して表彰台の上で君が代を歌っている夢。
 
その日の朝、自然とモーグルを本格的に始めよう。
そして、オリンピックで金メダルをとる事が目標となった。

〈初めての海外で一生の出会いが〉

その後まもなく学生のモーグル大会に協賛していた会社から
カナダでのモーグル夏合宿の案内が届いた。
これまた不思議と参加してみようと思い、参加の意思を伝えた。
日本が大好きで海外が嫌いで行ったことも無かった。
そして、中学高校とテストでは万年学年で下から10番以内にいた程
英語が大の苦手だったのでこの合宿に参加したことは今でも不思議で仕方がない。
この合宿に参加してみると世界中から参加者がいて
中には長野オリンピックのメダリストや入賞者が何人もいた。
テレビの中にいた人が同じ場所にいることに緊張するよりも、
一緒に過ごすことが出来ることにワクワクしていた。
そして、当時金メダリストを排出した日本代表のコーチだったスティーブが
教えることは心技体共にとてもシンプルで驚いた。
同時に今までの日本のスポーツでは体験したことが無い人身掌握術に驚いた。
ワクワクさせて、人をやる気にさせるコーチに初めて出会った。
この後もカナダの合宿に何度か参加したが、
この時の集中力と充実感と疲労感は今でも忘れられない。

〈多角的に分析して出した目標〉

初めてのカナダ合宿に参加して自分がやるべきことを明確化された。
まずはアスリート体型でなかった自分を改造すること、
そして、当時の日本代表選手は技術はあったがフィジカル面が弱かったことに
目を向けてフィジカルトレーニングを行いアスリートの肉体になることを目標とした。
技術は何年かかけて磨いていくこととした。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はここまで!
Smile Spiritsの誕生にかかせない人との出会いがありました。 
物事を始める理由はどうあれ、探究心をもって取り組むこと!
目標を明確にして芯はブレずに取り組むこと!
そして何よりもそれが心から大好きで本気で取り組むこと!
そういう想いを自分の中に常に持ち続けて行動したり、
周りに発信することで道が切り拓けていくという体験をしてきました。
最後まで出来ると信じた人 がどんな世界でも結果に繋がってきています。
人間の可能性は無限大!
そう、いくつになっても、あなたの可能性は無限大です!

Smile Spiritsはあなたの力を十分発揮できるように共に歩みます!!
人間の可能性は無限大です!

 


スマイルスピリッツについて